Map Grabber

ダウンロードは現在できません。プログラムが中止されたか、セキュリティ上の問題か、もしくは他の理由が原因の可能性があります。

地図サイトの地図を広範囲に取り込んで画像ファイルを作成 地図を印刷して持ち歩く時に便利

Map Grabberは、現在サービスを停止しているため、ダウンロードボタンを外しております。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 一画面では収まりきらない範囲の地図も自動スクロールで取り込むことができる
  • 取り込まれた地図は画像ファイルとして出力できる
  • 取り込みによって地図の表示が粗くなることはない

反対票

  • メニューやメッセージはすべて英語で表記されアイコン表示も無く、操作や設定の方法が分かりにくい

良い
7

Map Grabberは、現在サービスを停止しているため、ダウンロードボタンを外しております。

Map GrabberGoogleマップBingマップなどの地図サイトに表示された地図を広範囲に取り込みたいという人にお勧めのツールです。一画面には収まりきらない範囲の地図でも自動スクロールによって簡単に取り込むことが出来るのがこのツールの強みです。取り込まれた地図は画像ファイルとして保存され、プリンターで印刷することが可能です。できるだけ広範囲の地図を印刷して持ち歩きたいという人にも便利です。

地図を取り込むには、Map Grabberを起動してブラウザーで地図サイトを表示します。次にMap Grabberのメニューから「Left/Top Corner」にある「Mark」ボタンを押して、表示された「X」印を地図の左上に合わせます。続いて「Right/Bottom Corner」の「Mark」ボタンを押し、同じように表示された「X」印を地図の右下に合わせます。完了したら「Capture Settings」・「Output Image Setting」の各欄で数値やフォルダーの場所を設定し、最後に「Start」ボタンを押します。画面は地図サイトに切り替わり、地図部分が自動でスクロールして取り込みが行われます。

取り込まれた地図はJPEGまたはPNG形式の画像ファイルとして出力されます。Windowsの「画像の印刷ウィザード」機能を使って用紙に印刷したり、他のソフトに貼り付けたりして利用しましょう。取り込みによって地図の表示が粗くなるようなことは無いのが非常にありがたいところです。

ただしメニューやメッセージはすべて英語で表記されています。しかもアイコンなどの表示は無く全てテキストで説明されています。そのため操作や設定の方法が少々分かりにくく、慣れないうちは操作に戸惑ってしまうかもしれません。

Map Grabberは一画面に収まりきらない広範囲な地図を取り込んで、画像ファイルとして出力できるツールです。

Map Grabberは以下の形式に対応しています

JPEG、PNG

— スクリーンキャプチャ —